自動車事故費用共済

自動車事故費用共済:重い加害事故の債務・人身事故に、お手頃な掛金でもうひとつの安心

ドライバーのあなた、もしもの時、自動車保険に入っているから安心と思っていませんか?もし、あなたが人身事故を起こしてしまったら…

人身事故で加害者となった場合に、お見舞い費用や、香典料など多額の自己負担が必要になる場合があります。 相手側に対する道義的責任(誠意)についての補償は自動車保険では必ずしも十分といえません。 万一のときあなたの経済的負担を幅広くサポートする共済、それが自動車事故費用共済です。

この制度の特色

  1. 万一の自動車事故の場合、共済金は契約者であるあなたにお支払いします。
  2. お支払いは迅速です。必要な費用…香典供花料、葬儀費用、相手側への誠意を示すお見舞いなどの出費にお役立ていただけます。
  3. 運転者の年齢、性別に関係なく車種ごとに掛金は同じです。  車種別共済掛金一覧
  4. 事業者の場合は、掛金はすべて損金処理ができます。
  5. 共済金は、一度雑収入計上し、支出は企業の経費として支払うことができます。
  6. 余剰金は、利用分量配当などで契約者に還元されます。

補償内容 (共済金額300万円契約の場合)

  負傷者が
契約者の側の場合 相手側の場合
死亡共済金
事故の日から
180日以内に
死亡されたとき
(1事故につき)
300万円 共済契約者の経済的負担を補うため
合計300万円
までの 実費を支給

契約者側にも過失のある場合
死亡臨時費用共済金
(一時金として支給)
30万円
後遺障害共済金
(障害級別による)
12~300万円 12~300万円
入通院共済金
365日分
または
300万円限度
(1人あたり)
入院日額 4,500円
通院日額 2,250円
1事故につき入院、通院合わせて1日最高18,000円
左記の日額により、
合計300万円
までの実費を支給
契約者側にも過失のある場合
入通院臨時費用共済金(一時金として支給)
(3日以上の通院または入院で、1事故につき)
3万円
共済契約者側に
自動車事故に起因する死亡、後遺障害または入通院に係る共済金請求事由が発生したときは共済契約所定の共済金額を全額払いします。
事故相手側に
自動車事故に起因する死亡、後遺障害または入通院に係る共済金請求事由が発生したときは以下の条件のとおり共済金を支払います。
  • ①「事故」は契約者側に過失がある「人身事故」であること。
  • ②共済契約証書記載の「共済金額」は支払限度額とし、共済契約者が負担した実費を共済金額の範囲内で補償します。経済的損失は領収書または証拠書類によって確認された額となります。

あなたが人身事故を起こしたとすると

相手への誠意として香典、葬儀費用、お見舞い費用、療養の雑費また契約者自身の喪失利益、交通費などいろいろ自己出費がかさみます。

お見舞いに行くなどして被害者に対する誠意を示さないと、
示談交渉はスムーズに運びません。

示談交渉までにとるべき措置としては、
  • 死亡事故の場合は相当の香典を持参して通夜、葬儀に出席し、その後の法事も欠かさぬよう心がけねばなりません。
  • 傷害事故の場合は治療費を支払い、お見舞いを十分に行って、誠意のあることを態度で示すことが必要です。
示談交渉をはじめる時期は、
  • 死亡事故の場合は四十九日の法要がすんだころ。
  • 傷害事故では重傷の場合で入院していれば退院が間近なころ、軽傷であれば傷が治ったころが一般的です。

必要な費用は

相手方が死亡した場合
香典供花料/葬儀費用/あなたの損失利益/諸費用
相手方が入院した場合
お見舞いの費用として菓子、果物、生花代、療養雑費、交通費等が必要となります。

こんな時にお支払します。

追突事故を起こして
※相手2名(運転手と同乗者)がそれぞれ10日間入院した。
相手 4,500円×10日×2名=90,000円
90,000円を支払い限度として負担した実損害額を契約者にお支払い。
出会い頭の事故を起こして
※相手1名(運転者)が30日、自分が20日通院した。
自分 2,250円×20日=45,000円 定額払い
相手 2,250円×30日=67,500円
67,500円を支払い限度として契約者が負担した実損害額をお支払い。
合計45,000円+67,500円を支払い限度として負担した実損害額を契約者にお支払い。
自分が追突されて(契約者に全く過失がない場合)
※自分が20日通院、相手1名(運転者)が死亡した。
自分 2,250円×20日=45,000円 定額払い
相手 お支払いできません
45,000円を契約者にお支払い。
自分が追突されて(多少でも契約者に過失がある場合)
※自分が20日通院、相手2名(運転者と同乗者)がそれぞれ30日通院した。
自分 2,250円×20日=45,000円 定額払い
相手 2,250円×30日×2名=135,000円
135,000円を支払い限度として契約者が負担した実損害額をお支払い。
合計45,000円+135,000円を支払い限度として負担した実損害額を契約者にお支払い。
自損事故を起こして
※自分と同乗者がそれぞれ10日入院した。
自分 4,500円×10日×2名=90,000円 定額払い
90,000円を契約者にお支払い。
歩行者を跳ねて死亡事故を起こした
※相手が死亡した。
死亡事故共済金として3,000,000円を支払い限度として実損害額を契約者にお支払い。
バイクと接触事故を起こして
※相手1名(運転者)が10日入院した。
相手 4,500円×10日=45,000円
45,000円を支払い限度として負担した実損害額を契約者にお支払い。
自動車事故費用共済ご契約にあたってのご注意
共済期間について
共済期間は1年とし、責任の始期は、共済掛金(月払の場合は、初回共済掛金)を払い込んだ日の翌日の午前0時からです。
運転者の範囲は
個人でご契約の場合
①共済契約者
②共済契約者の同居の親族
③上記以外の届出運転者(2名まで)
個人事業所(屋号記載)契約の場合
①共済契約者
②共済契約者の同居の親族
③共済契約者が雇用する者
④上記以外の届出運転者(2名まで)
法人でご契約の場合
①共済契約者(理事、取締役など)
②共済契約者が雇用する者
③上記以外の届出運転者(2名まで)
お支払いできない主な場合
  1. 事故の原因が、共済契約者(共済契約者が法人であるときは、その理事、取締役もしくはその他の機関にある者とします。)または運転者もしくは被害を受けた者の故意によるとき
  2. 無免許で被共済自動車を運転中に事故を生じたときの共済契約者側の死亡事故共済金、後遺障害事故共済金または入通院共済金
  3. 酒酔いまたは麻薬、大麻、あへん、覚醒剤、シンナー等の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で被共済自動車を運転中に事故が生じたときの共済契約者側の死亡事故共済金、後遺障害事故共済金または入通院共済金
  4. 事故の原因が、戦争、変乱、暴動またはこれらに類似する事変によるとき。
  5. 事故の原因が、地震、噴火、台風、洪水、高潮または津波によるとき。
  6. 事故の原因が、核燃料物質(使用済燃料を含みます。以下同様)もしくは核燃料物質によって汚染された物(原子核分裂生成物を含みます。)の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性によるとき。
  7. 当組合は、原因のいかんを問わず、負傷者が頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)、腰痛その他の症状を訴えている場合であっても、それを裏付けるに足りる医学的他覚所見のないものに対しては、共済金を支払いません。
  8. 正当な理由なく、事故発生後60日以内に、事故の通知がなかったとき。

車種別共済掛金

共済金額 300万円 200万円 100万円
車種 年払 月払 年払 月払 年払 月払
自家用乗用自動車 9,000円 900円 6,000円 600円 3,000円 300円
自家用軽乗用自動車 4,500円 450円 3,000円 300円 1,500円 150円
自家用普通貨物自動車
(2t超)
16,500円 1,650円 11,000円 1,100円 5,500円 550円
自家用普通貨物自動車
(2t以下)
13,500円 1,350円 9,000円 900円 4,500円 450円
自家用小型貨物自動車 9,000円 900円 6,000円 600円 3,000円 300円
自家用軽貨物自動車 4,500円 450円 3,000円 300円 1,500円 150円
お申込み手続きは簡単です
  1. ご加入の申込は、申込書に車のナンバー等必要事項をご記入とご押印のうえご提出下さい。
  2. 掛金と出資金(一口100円以上)を申込書にそえてご提出下さい。
補償開始はお申込みの翌日からです
ご加入の申込書を組合が受理し、出資金と掛金をお払込みいただいた翌日の午前0時から補償が開始されます。
クーリングオフについて
クーリングオフ(ご契約のお申込みの撤回)は、共済期間が1年以下のものに関しては対象外になります。自動車事故費用共済は、共済期間が1年となっており、クーリングオフの対象外となりますのでご注意ください。詳しくは「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」を必ずご覧ください。